結婚式場の歴史を学ぶ

結婚式場はどのように発展したのでしょうか

結婚式が行われ始めた時期は明治時代と意外と新しいもので、江戸時代は以前は結婚式は行われていませんでした。明治時代になり、欧米の影響もあって、皇族や上流階級の間で結婚式が行われるようになりました。皇族の結婚式が全国的に広まったことにより、戦後には多くの人々の間で結婚式が行われるようになりました。しかし核家族化や住宅事情の問題から、自宅で結婚式をあげることが困難になりはじめ、旅館や集会場などで結婚式が行われるようになりました。この時期は仕方なく自宅以外の施設で結婚式をあげていましたが、やがて「ここで結婚式をしたい」と思えるような素敵な結婚式場が出現し始めました。その後価値観の多様化にあわせてさまざまなタイプの結婚式場が出現しています。

今の人気の結婚式の形態と今後

今結婚式場として人気があるのはゲストハウスです。ゲストハウスはホテルなどと比較すると少し金額は高めです。しかし、親族や親しい友人、お世話になった方々からアットホームな雰囲気のゲストハウスで結婚を祝福してもらいたいという考えから人気の結婚式場となっています。一方、結婚するカップルの減少や、結婚するとしても結婚式をあげずに記念写真を撮影するだけのフォトウェディングを選択するカップルも増えています。しかし晩婚化も影響してか、少しお金がかかっても自分たちの望む結婚式を行いたいと考えるカップルも多くいます。カップルにどのような結婚式に対する要望があるかをうまく聞き取ることが今後の結婚式場の展開のカギとなるでしょう。